五十嵐智浩会長

会長新年あいさつ

会員の皆さま、明けましておめでとうございます。

旧年は仙台市PTA協議会の活動に多大なるご支援・ご協力を賜りまして誠にありがとうございました。
本年も変わらぬご厚情を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。
平成28年は仙台市P協創立70年の節目の年でした。29年には日本PTA全国研究大会仙台大会を行うため70周年事業は困難と判断し、今年度に幾つかの事業に冠を掲げることで代わりと致しました。ご了承下さい。
そして、その全国大会ですが、いよいよ今年の8月25日26日に仙台市において開催されます。
各校にはすでに大会ポスターをお送りしております。ご覧いただくとお分かりの通り、ようやく具体的な内容まで決定して参りました。
また、各校にお願いするスタッフや参加者の数についても、実行委員会で調整中です。もうすぐ計画案をお知らせできることと思います。
全国から8000人が集うこの大会は、日本PTA全国協議会が最も重要と位置付けている研究大会です。
せっかく仙台で行われるこの貴重な機会を、スタッフとして、参加者として是非皆さんに経験していただきたいと思っています。
実際に自分の目で耳で感じ取ることで得られる財産は、きっと幅広くPTAや子どもたちに役立つものと確信しています。
だからこそ実行委員メンバーは真剣に内容を吟味し、時間を割いて活動しているのです。
東北各県のPTA連合会も全面的協力を表明してくれており、「みちのく」が一丸となって大会を盛り上げていきたいと思います。
会員の皆さまのより積極的な協力を切にお願いして、年始の挨拶とさせていただきます。

仙台市PTA協議会   会長   五十嵐  智浩



新年イメージ